診療科目

アレルギー科

花粉症・アレルギー性鼻炎

スギ、カモガヤ、ヨモギ、ブタクサなどの花粉、ダニ、猫や犬のフケなどがアレルゲンとなって引き起こされるくしゃみ、鼻汁、鼻閉症状です。アレルゲンによって季節性、通年性があり、症状も鼻漏型、鼻閉型があります。

じんま疹

かゆみを伴う赤く盛り上がりのある皮疹が出現し、通常1日以内に消退します。機械的刺激、寒冷・温熱刺激などの物理的要因、発汗刺激などのコリン性、食物・薬剤などによるアレルギー性などがありますが、原因不明である場合が多いです。

アトピー性皮膚炎

アレルギー体質のある人が、かゆみを伴う湿疹を慢性的に繰り返す疾患です。顔、首、肘、膝の裏、脇などが好発部位ですが、悪化すると乾燥が強くなり、皮膚が厚くなることがあります。

食物アレルギー

ある特定の食べ物を摂取した時にアレルギー反応により、皮膚・粘膜症状、咳、喘鳴などの呼吸器症状、嘔吐、腹痛、下痢などの消化器症状、血圧低下など循環器症状が生じる場合があります。通常はアレルゲンとなる食物を摂取してから2時間以内に生じることが多いです。

アナフィラキシー

アレルゲンとの接触後に複数臓器に全身性にアレルギー症状が出現する状態です。血圧低下や意識障害を伴う場合はアナフィラキシーショックといい、生命に関わることもあります。ハチ刺され、薬剤、食物が原因になることが多いです。

アレルギー検査

アレルギーの原因検索のための血液検査として、アレルゲン特異的IgE抗体検査があります。食物アレルギーなど血液検査で診断がつきにくい場合は、皮膚テスト(プリックテスト)を行うこともあります。

呼吸器内科

長引く咳

マイコプラズマ、百日咳、結核などの呼吸器感染症、喉、気道の過敏性が原因となる喉頭アレルギー、咳喘息、アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎による後鼻漏、逆流性食道炎、肺癌、間質性肺炎などが長引く咳の原因となります。

喘息

気管支にアレルギー性の炎症、気道過敏性の亢進があり、風邪、アレルゲン、気温差などの刺激により気道が狭くなり、発作的にゼーゼー・ヒューヒューする病気です。吸入ステロイドによる治療が標準になっています。

慢性閉塞性肺疾患
(COPD)

タバコの煙などの有害物質を長期間吸い続けることで起こる肺の病気です。肺気腫、末梢気管支の虚脱により気流閉塞が生じ、労作時の息切れを感じるようになります。病気が進行すると痩せ、体重減少が目立ってきます。

間質性肺炎

肺の間質に炎症を生じる病気の総称です。膠原病性や薬剤性もありますが、原因不明であることが多く、カビや鳥などが隠れた原因であることもあります。線維化が進行すると肺容積が減少し、労作時の息切れや乾いた咳がでるようになることがあります。

肺非結核性抗酸菌症

結核菌以外の抗酸菌による肺の感染症です。非結核性抗酸菌は土や水などの環境中に存在し、菌を吸い込むことで感染します。無症状で健診のレントゲンで偶然見つかることも多いです。数年から10年以上かけてゆっくり進行し、咳、痰、血痰、微熱、体重減少などの症状がでることがあります。

睡眠時無呼吸症候群

夜間の睡眠中に無呼吸、低呼吸を繰り返す病気です。上気道炎の閉塞による閉塞性睡眠時無呼吸が多いですが、脳卒中や慢性心不全に伴う中枢性の無呼吸もあります。起床時の頭痛、日中の眠気、倦怠感が強い人、いびきをかく人はこの病気を疑う必要があります。

内科

高血圧症

繰り返し測定しても最高血圧が140mmHg以上、あるいは最低血圧が90mmHg以上の場合に高血圧症と診断します。原因の特定できない本態性高血圧症がほとんどですが、腎臓や甲状腺、副腎などの異常で生じる二次性の高血圧症である場合もあります。

脂質異常症

血液中の中性脂肪やLDLコレステロール(悪玉コレステロール)が基準より高い、またはHDLコレステロール(善玉コレステロール)が基準より低い場合に診断されます。コレステロール値に異常があると動脈硬化が進み、脳梗塞、心筋梗塞、狭心症などの血管系の病気になるリスクが上昇します。

糖尿病

インスリンが十分働かないために、血糖が上昇する病気です。2型糖尿病は食生活などの環境因子と体質(遺伝)の組み合わせで起こると考えられています。初期の段階では症状がないことが多く、病気が進行するにつれて、疲労感、頻尿、喉の乾きなどがでてきます。

予防接種

インフルエンザ
ワクチン接種

例年10月中旬頃から行っています。6ヶ月以上13歳未満は2回接種、13歳以上は1回接種です。抗体ができるまで2週間程度かかるため、12月中旬まで接種することが望ましいと思われます。

高齢者用肺炎球菌
ワクチン接種

65歳以上の方は肺炎予防目的にワクチンを接種することが望ましく、ワクチンには2種類あります。23価の肺炎球菌ワクチンは1回目の定期接種時に市から3000円の助成があり、通常5年毎に再接種が必要です。

成人風疹予防接種

昭和37年度~昭和53年度生まれの男性へ風疹の予防対策としてクーポン券が届きます。クーポン券を持参していただき、風疹抗体検査を行います。風疹抗体値が低く、抗体が十分にできていない場合は、ワクチンの接種を行います。

帯状疱疹予防のための
水痘ワクチン接種

ワクチン接種により帯状疱疹発症率、帯状疱疹後神経痛への移行率を減少させることができます。50歳以上の成人が対象です。